« 2014年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年1月26日 (土)

マイナンバーカードでマイナポータルを利用する

マイナポータル
https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form
はマイナンバーカードを使ってさまざまな行政サービスをワンストップで利用出来るようになる『はず』のシステムです。

利用開始は非常に簡単で、マイナンバーカードとICカードリーダーをパソコンにセットした状態で「はじめて利用される方はこちら」というボタンを押し、さらに「使ってみよう」ボタンを押すと、「マイナポータルAP」のインストーラーファイルのダウンロードが始まり(Safari用とChrome用があり、アクセスしたブラウザーを自動判別して対応した方のファイルがダウンロードされる)、完了と同時に自動マウントされるので、ダブルクリックして開き中にあるMynaPortalAppSetup.pkgファイルをダブルクリックしてインストールします。インストール完了後は画面の指示に従ってSafariの環境設定を開き、「機能拡張」をクリックして画面上に表示された「マイナポータルAP」の横にチェックを入れると使える状態になります。

マイナポータルAPが使える状態になるとログインを求められるので、4桁の英数字からなる短い方の暗証番号(*)を入力し、ログインが成功すると表示されるアカウント登録画面上でニックネームと連絡用メールアドレスを登録します。以後マイナンバーカードとICカードリーダーを使ってマイナポータルにログインすれば、マイナンバーカードの短い方の暗証番号を自由に変更できるようになります。
*:ここでログインに使うのは3種類の4桁暗証番号のうちの「利用者証明用電子証明書」。私は3種類の4桁暗証番号を全部同じに設定しているので、この先他にマイナンバーカードを使うサイトと連携設定する際、最初にマイナンバーカードの情報を読み取らせる時1回だけ入力を求められる「券面事項入力補助用」という暗証番号を間違えてロックされる気遣いがありません。

マイナポータルの「もっとつながる」という機能を使えば「ねんきんネット」にマイナポータルからマイナンバーカードと短い方の暗証番号を使って接続できるようになります。
メインメニューの「もっとつながる」の下にある「使ってみる」ボタンを押すと、つながることができるウェブサイト名の一覧が表示されるので、ねんきんネットの右横の「つなぐ」ボタンを押すと同意確認画面に変わります。この画面上で「同意」ボタンを押すと、切り替わった画面上で基礎年金番号を聞かれるので、年金手帳を見て確認のため2回入力します。これでつなぐ操作が完了し、マイナポータルに戻ってくるので、画面下の「ねんきんネットを利用する」ボタンを押せばねんきんネットに接続できます。
一度接続設定がすめば、以後はマイナポータルに接続してメインメニューから「もっとつながる」を選び、切り替わった画面上の接続先一覧から「ねんきんネット」を選ぶだけでねんきんネットを利用出来ます。ねんきんネットのパスワード(大文字小文字と英数字が入り乱れて覚えにくい)を忘れてしまってこれまでに2度も利用申請を出し直した人間には、マイナンバーカードを読み込ませて短い方の暗証番号だけで利用できるのがありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2019年3月 »