« VMWare Fusion上でWindows XP仮想マシンをバックアップしWindows 7仮想マシンに引っ越し・その3 | トップページ | マイナンバーカードでマイナポータルを利用する »

2014年1月16日 (木)

VMWare Fusion上でWindows XP仮想マシンをバックアップしWindows 7仮想マシンに引っ越し・その4

前の記事でメールデータとお気に入りはなんとか移行でき、ウイルス対策ソフトのNorton Internet Securityも使わないライセンスを削除しまくり、Microsoft Officeは2007のアカデミックパックをあきらめて1年前に買ってあった2010のアカデミックパックを入れ、ライセンス認証を通すところまで何とかこぎつけたあとになって問題が発生しました。

引っ越し先としてVMWare Fusion上に新規に作った仮想マシン上に新規インストールしたWindows 7の32 bit版が突如ライセンス認証を要求し、プロダクトキーを入れたら「このキーはアップグレード用のものでクリーンインストールには使えない」といって受け付けてくれないのです。だからといってVMWare Fusion上でWindows XPをWindows 7にアップグレードしようとしても、方法(VMWareの英文Knowledge Base)はなんとか見つかったものの、いざ実行して見ると指示に従ってハードウェアドライバーを入れていざこれからインストールという段になって
「このハードディスク領域にWindowsをインストールすることはできません。NTFSでフォーマットしたパーティションにWindowsをインストールする必要があります」
というエラーメッッセージが出てきて「次へ」ボタンを押せません。

八方ふさがりになって困り果てたところで、「Mac miniにVMWare FusionでWindows 7をインストール」というブログ記事を見かけました。このブログ主さんは私と同じように新規作成した仮想マシン上にWindows 7のアップグレード版をクリーンインストールしてライセンス認証が通らず、最終的に改めて作り直した仮想マシン上にWindows 7のアップグレード版を最初はライセンス認証なしでクリーンインストールし、その後すぐに同じOSをアップグレードでインストールしてからライセンス認証して受け付けられたという話。
ブログ記事の画面のスクリーンショットを便りにおっかなびっくりやってみたら、なんとほんとにできました!仮想マシンを外付けハードディスクで使い続けたい場合は、クリーンインストールが終わって自動的に再起動がかかったあと、インストールディスクを抜いたところでできたての仮想マシンを一旦終了してから、ユーザー名のついたフォルダの中の「書類」フォルダの中にある「仮想マシン」フォルダから仮想マシンファイルを外付けハードディスクにコピーし(コピー終了後「この仮想マシンは移動したかコピーしたか?」と聞かれるので「コピーした」と答える)、これをダブルクリックで再起動して以後のアップグレードを続ければOK。念のためアップグレードが完了するまではネット接続を切っておき、プロダクトキーの入力が終わり完了を確認してからネットにつないでライセンス認証を完了しました。

今回は最初のクリーンインストールの際に画面表示上で「簡易インストール」のチェックを外して実行しているので、Windowsのライセンス認証の確認がとれたところでVMWare Fusionのメインメニューで「仮想マシン」→「VMWare Toolsのインストール」と操作し、手動でVMWare Toolsを追加インストールするのをお忘れなく。これをやってはじめてデスクトップにVMWare 共有フォルダができ、MacのファイルをWindowsのデスクトップにコピーできるようになります。

教訓:データの引っ越しは引っ越し先のOSのライセンス認証が通るのを確認してから実行しましょう。

あとは「その2」に書いた手順でWindows XP仮想マシンのバックアップデータ(VHD形式)をもう一度読み込み、データの引っ越しを再実行。ファイナルパソコン引っ越し11plusダウンロード版のライセンス認証には前回使ったライセンスキーは2度目に使うことができず、こちらからクレジットカードで追加ライセンスキーを2980円で購入して使いました。
結局OSのライセンス認証が通った後も引っ越し後のOffice 2007のアカデミック版は(予想通り)オンラインでも電話でも認証できるようにはならなかったので、Office 2010のアカデミック版をインストールしライセンス認証を通しました。

もう1つ忘れてはいけないのは、Norton Internet Securityを引っ越し先のWindows 7仮想マシンにインストールする前に、もとのWindows XP仮想マシンからC:\Documents and Settings\All Users\Documents\Norton\{NIS211018-SHPD-FSD40014} というフォルダをUSBメモリーにバックアップしてWindows 7仮想マシンにコピーし、この中のNIS-UpgradeESDND-21.1.0-JP.exeというファイルをダブルクリックしてインストールをはじめることです。

それにしてもここまで何と長かったことか。

|

« VMWare Fusion上でWindows XP仮想マシンをバックアップしWindows 7仮想マシンに引っ越し・その3 | トップページ | マイナンバーカードでマイナポータルを利用する »

コメント

ブログ記事の内容と関係のないコメント、また匿名で申し訳ございません。

放射能測定所のにっこり館は中央区日本橋人形町に移転し、現在千本桜高原クリニックとNPO法人免疫療法を支援する会と同居しています。WBCについてツイッターでご自身が検査を受けたことや一部の自治体から助成金が出ることを発信しながらWBCの検査を勧めているので正しく検査ができないのであれば心配です。(コメントのお返事は不要です。いつもありがとうございます。)

投稿: 匿名 | 2014年3月 2日 (日) 15:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: VMWare Fusion上でWindows XP仮想マシンをバックアップしWindows 7仮想マシンに引っ越し・その4:

« VMWare Fusion上でWindows XP仮想マシンをバックアップしWindows 7仮想マシンに引っ越し・その3 | トップページ | マイナンバーカードでマイナポータルを利用する »