« サーバーバージョンアップ後カテゴリー指定テスト(ecto) | トップページ | サーバーバージョンアップ後のカテゴリーリスト再取得(blog toolsの場合) »

2008年9月 4日 (木)

ecto3.0b54

このバージョンからAtom APIの旧仕様(Atom 0.3)を採用している日本のブログサービスへの対応が復活しました。
くわしくは
サポートフォーラムのこのスレッド(英語でごめん)
をご覧ください。
本体をバージョンアップしたあと、このスレッドについている3つ目のコメント(筆者はectoの作者Adriaanさんです)のダウンロードリンクをクリックしてAtom 0.3ブログ用のプラグインをダウンロードし、自動解凍後にできた"Atom0.3.blogsystem"という白紙のアイコンをダブルクリックすると自動的にインストールされます。このあとectoは自動的に再起動され、これでプラグインが実際に使えるようになります。

日本のAtomブログを新規に接続登録するには、アカウントマネージャ画面上で「新規」ボタンを押し、次の項目を手動で入力したあと「保存」ボタンを押します。以下はLivedoorブログの例です。

タイトル:自分のブログの名前
アクセスポイント:http://cms.blog.livedoor.com/atom/
(この項にはブログのトップページのURLではなく、投稿APIを入力すること。これはlivedoorブログならすべて共通です)
システム:Atom 0.3(プルダウンメニューから選択)
ユーザーネーム:Livedoor ID(ブログの開設時に登録したもの)
パスワード:ブログの開設時に設定したパスワード

これでLivedoorブログへの送受信はきれいにでき、カテゴリー指定も大丈夫(ただし複数指定不可)とわかりましたが、

前の記事
に書いたように、日本のAtom 0.3ブログにはユーザー認証の方式が違うものが入り乱れています。このうちSo-netブログは、今ではSeeSaaブログのサーバーソフトを導入して一般的なXML-RPCを投稿APIとして使えるようになったので考慮対象外にでき、また
こちらの記事
によればLivedoorと同じ方式を採用しているとされるLOVELOGも接続OKとしても、LivedoorともBloggerとも違う方式を採用しているAmebaブログへの接続が心配です。

(2008.9.5追記)
AdriaanさんがAtom 0.3ブログ用のプラグインを
ectoのプラグインコーナー
からダウンロードできるようにして下さいました。ectoを起動後「ヘルプ」→「アドオンをダウンロード」と操作すると直行できます。

(2008.9.12追記)
LOVELOGののAtom 0.3用API
http://blog.dion.ne.jp/atom/
にectoのAtom 0.3ブログ用のプラグインで接続しようとしてもうまくいかないことがわかりました。かわりに下記の接続条件をお使いください。
アクセスポイント:http://blog.dion.ne.jp/rpc/
システム:MovableType(プルダウンメニューから選択)

(2008.9.16追記)
Livedoorブログにecto 3.0b54(ecto 2.4.2のAtom 0.3対応版でも同じこと)からカテゴリー指定付きで投稿した記事をダウンロードすると、カテゴリー情報が抜け落ちてカテゴリー指定なしの記事としてローカル保存されてしまいます。これはAtom APIの仕様の限界(もともとカテゴリーという概念がなく、管理画面上でカテゴリー指定が実現できるのは別の通信規格=MovableType APIからこの機能を借用しているから)によるもので、投稿ツールの欠陥のせいではありません。過去記事の件数が多いLivedoorブログの管理にectoを導入する際にはご注意ください。
くわしくはこちら

|

« サーバーバージョンアップ後カテゴリー指定テスト(ecto) | トップページ | サーバーバージョンアップ後のカテゴリーリスト再取得(blog toolsの場合) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159160/42375419

この記事へのトラックバック一覧です: ecto3.0b54:

« サーバーバージョンアップ後カテゴリー指定テスト(ecto) | トップページ | サーバーバージョンアップ後のカテゴリーリスト再取得(blog toolsの場合) »