« Mac用個人事業者向け青色申告ソフト2007年版 | トップページ | 続・Mac用個人事業者向け青色申告ソフト2007年版 »

2007年3月 7日 (水)

Intel Macで確定申告書作り

国税庁の確定申告書オンライン作成コーナーがSafariに対応と聞いて、一見楽勝ムードで始まった今年の確定申告でしたが、ふたを開けてみると何とも波瀾万丈でした。ADSLで作成に取りかかったら、途中でレンタルのADSLモデムが突然故障し(iMac DVとMacBookのどちらでも内蔵Ethernet接続ができなくなり、初期化ボタンを押した後のパソコン側からの再設定もできなくなったので、原因はモデムだとわかった)、モデムを交換してもらった後もMacBookの内蔵Ethernet接続が回復しなかったので、ADSL接続ができるiMacとダイヤルアップ接続しかできなくなったMacBookを使い分けてやっとのことで提出に使える申告書を完成するはめになったのです。

1)Safari 2+Adobe Reader 8(MacOS 10.4.8上, ADSL, MacBook):
確定申告書ならデータ作成、PDFファイル作成ともOK
そのまま印刷するとページの右端の文字がずれるが、詳細設定画面を開いて「画像として印刷」をチェックしておくと問題なく印刷できる。
収支内訳書の場合、データの新規作成と保存はできるが、読み込んだ保存データの編集が途中でエラーメッセージが出てうまくいかず、PDFファイルの作成まで到達できない。

2)Netscape 7.0.2+Adobe Acrobat Reader 5.0(MacOS 9.2.2上, ADSL, iMac DVの2001 Summerモデル):
確定申告書、収支内訳書ともデータ作成、PDFファイル作成まで問題なくできる。
ただし、できたファイルをこの環境で印刷しようとすると、「メモリ不足により描画エラーが発生しています」というエラーメッセージが出て、全く印刷できない。
(去年はちゃんとできていたのに)
このファイルをAdobe Reader 8(MacOS 10.4.8上)で開いて印刷すると、確定申告書は成功するが(「画像として印刷」をチェックしてあれば大丈夫)、収支内訳書は倍率100%で表示され、この状態では偶数ページの上の端の文字が切れてしまう。もっともプリント設定で倍率の値を100%から99%に変更してから印刷すると、現金なものでこれだけで端切れなして印刷できるようになる。

3)Firefox 2.0.0.2+Adobe Reader 7.0.9(MacOS 10.4.8上, ダイヤルアップ, MacBook):
収支内訳書データの読み込みからPDFファイルの作成まで問題なくできる。
PDFファイルの作成操作中にPDFビューワーソフトに何を使うか聞かれたら、Adobe Reader 7.0.9を指定するのがこつ。
できたファイルをAdobe Reader 7.0.9(PowerPC用だがIntel Mac上でも全く問題なく動作する)で開いて印刷すると、バージョン8と違って倍率97%に自動縮小されて表示され、どのページも端切れなしできれいに印刷できる。最終的にはこれで印刷した申告書を郵送提出することに決めた。

どうやら確定申告書オンライン作成コーナーがSafariに対応したと言っても、作れるのは確定申告書だけで、収支内訳書には歯が立たないというのが実態のようですね。Safariで失敗したらFirefoxに切り替える、PDFビューワーには必ずAdobe Reader 7.0.9を使う(それより古いものも新しいものもだめ)というのがベストの対策だという体験報告も見つかりました。
Macで確定申告書等作成コーナーを利用する際のメモ(2007.2.20付け)
"mac'n mall"のmanamさん、貴重な情報有難うございます。本当に助かりました。

収支内訳書の作成にはSafariは使えず、Firefoxだとうまくいくことは、去年の確定申告シーズンの段階からすでに知られていたようです。
くわしくはこちら

思うに国税庁は、申告書作成のMac上での動作確認を確定申告書については利用者が多いからとそれなりに身を入れてやったものの、利用者がはるかに限られる決算書・収支内訳書がその分お留守になってしまったのでしょう。またIntel Macのユーザーに配慮した説明もなく、ぱっと見にはPowerPCでないと利用できないような印象を受けます。

国税庁はオンライン確定申告コーナーの推奨環境の説明にも、よくある質問にも、収支内訳書の作成はSafariを使うとうまくいかないことを一言も書いていませんが、PowerPC用のNetscape 7.1が実際にはIntel Mac上でもちゃんと動くこと(最初のIntel Mac対応版7.2は使えません。Safariと同じようにデータは読み込めても編集中のページ切り替え時にエラーメッセージが出て先に進めなくなります)、また推奨環境にはあげられていないものの実際はFirefoxが使えることを知らないばかりにIntel MacのユーザーがSafariで収支内訳書を作ろうとして失敗し、解決策があるのを知らないばかりにそのまま確定申告書作りをあきらめてしまっているとしたら大問題です。今からでも遅くありませんから、ぜひ「収支内訳書の作成にはSafariを使わないように」という注意書きを出してもらいたいものだと思います。

|

« Mac用個人事業者向け青色申告ソフト2007年版 | トップページ | 続・Mac用個人事業者向け青色申告ソフト2007年版 »

コメント

紹介&トラックバックありがとうございました。
走り書きのようなメモがお役に立ってうれしいです。
私の記事にもリンクを貼らせていただきました。

書かれていることに、まったく同感です。
いちおう国税庁のテレフォンサービスに電話して、重要なことはトップページに記載するよう改善要望はしておきましたが、どうなることやら、ですね。

投稿: manam | 2007年3月 8日 (木) 16:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/159160/14178168

この記事へのトラックバック一覧です: Intel Macで確定申告書作り:

» Macで確定申告書等作成コーナーを利用する際のメモ [mac'n mall]
・Adobe Reader8.0ではプリントできなかった。 ・Adobe Reader7.0でプリント可 ・プレビューではプリントサイズがはみ出てしまって不可 ・safariではPDFを保存できない ・FireFoxでPDFを保存可 けっきょくFireFoxでPDFを保存、Adobe Reader7.0でプリント、というのがいいみ..... [続きを読む]

受信: 2007年3月 8日 (木) 16:05

« Mac用個人事業者向け青色申告ソフト2007年版 | トップページ | 続・Mac用個人事業者向け青色申告ソフト2007年版 »