« Intel Mac用ecto2.4.1でブログ人 | トップページ | MacJournal4.0.5でココログ »

2006年10月28日 (土)

Mac版ブログ投稿ツールとAtom API

前の記事
でうっかり
> ectoは投稿APIとしてAtomを採用している日本のブログ(=Livedoor, So-net)の管理に使える今のところ唯一のMac版ブログ投稿ツールです。
と書いてしまいましたが、実際に接続テストをしてみたところ、ectoではSo-netブログの過去記事の取得も新規記事の投稿もできないことがわかりました。過去記事を取得しようとすると"X-WSSEによるユーザー認証を要求された"というエラーメッセージがでます。ectoに期待をかけておられたSo-netユーザーの方、早とちりどうもすみませんでした。

投稿APIとしてAtomを採用しているブログでは、セキュリティ対策のためユーザーIDとパスワードが暗号化されて送信されますが、その暗号化の方式が複数通りあるのが困り者なのです。
Web版のRSSリーダー兼ブログエディタfeedpathの
対応ブログサービス一覧表

によると、Atom APIを採用しているブログの中には認証方式が違うものが3種類あります(Blogger以外はすべて日本のブログサービス)。
Blogger:basic
Livedoor :wsse2
So-net:wsse2
ameba:wsse3

これで見る限りはLivedoorとSo-netは同じユーザー認証方式を採用し、その結果同じ方式で暗号化を行っているはずなのですが、ectoでLivedoorに書けてもSo-netには書けなかったことから実際には暗号化方式が違うことがわかります。以前ココログ(MovableTypeとAtomのどちらの方式でも接続可)とLivedoorではAtom APIの認証方式がちがうという話を小耳にはさんだことがありましたが、
(くわしくはこちら)
(こちらも)
ひょっとするとSo-netはココログと同じ方式を使っているのかも(もっともココログにわざわざAtom APIで接続して書き込みテストをしてみる物好きがいるかしら?)。

Intel Macで使えるもうひとつのMac版ブログ投稿ツールMacJournal4.0.5の場合、Atom APIを採用しているブログのうちBloggerにしか使えません。Atom APIのユーザー認証方式の中で一番古いbasic形式にしか対応していないためです。

Windows版のブログ投稿ツールBlogWrite
(対応ブログ一覧はこちら)
はLivedoorとSo-netの両方に対応しているとうたっていますが、きっと両方の認証方式で暗号化ができるのでしょう。

|

« Intel Mac用ecto2.4.1でブログ人 | トップページ | MacJournal4.0.5でココログ »

コメント

naoさん、こんにちは。
ectoですが、so-netの記事取得、ならびに投稿はできますよ。(最近、so-netに移転しました)ただカテゴリ一覧は設定の問題か取得できないみたいです。やりかたがよくないのかもしれませんが。Atom用のパスワードを使うくらいのことしか特別なことも特にしていません。ご参考まで。

投稿: m_tomei0208 | 2006年10月28日 (土) 11:05

tomeiさん、速攻のコメント有難うございます。お返事がおそくなってすみません。
> ectoですが、so-netの記事取得、ならびに投稿はできますよ。(最近、so-netに移転しました)ただカテゴリ一覧は設定の問題か取得できないみたいです。やりかたがよくないのかもしれませんが。Atom用のパスワードを使うくらいのことしか特別なことも特にしていません。ご参考まで。
私のほうは次のとおりlivedoorのときと基本的に全く同じ手順で登録を進めましたが、なぜか元の記事に書いたように手動設定完了後のテスト接続でユーザー認証に失敗していて、接続条件の自動設定が完結しないのです。その結果「キャッシュのアップデート」で過去記事が取得できず、新規記事作成ウィンドウも開けません。いったい何がちがうのでしょうか?
(So-netはgooと違って管理画面上で投稿ツールでの接続を許可するように設定変更する必要があるわけでもないのに)

System:その他(APIを選択)
API:Atom
Access point:http://blog.so-net.ne.jp/_atom/blog

Username:URLのユーザー識別部分 (http://blog.so-net.ne.jp/この部分/)(So-net ユーザーID=WWWブラウザー用の管理ページのユーザーIDではない)
Password:管理画面から払い出されるAtomAPI専用パスワード(So net パスワード=WWWブラウザー用の管理ページのパスワードではない)

投稿: nao | 2006年10月29日 (日) 10:03

naoさん、こんにちは。
私は次のように設定しました。

API:Atom
AccessPoint:http://blog.so-net.ne.jp/_atom/blog
UserName:BlogのURLのユーザー識別部分
PassWord:管理画面から出されるAtom用パスワード

基本的に一緒ですね。あと考えられるのはAtomのパスワード、文章用と画像用2つ出てきますが、文章用の方を入れてますでしょうか? あと、私のときはインテル用のectoを入れたとき、前のPPC用のバイナリが残ってると変な挙動をしたので、消してから入れ直した記憶があります。とりあえずそんなところでしょうか。

投稿: m_tomei0208 | 2006年10月29日 (日) 10:50

すみません、↑の2つのパスワード云々ですが、今見たらでてこないですね。何かと見間違えたのかも。すいませんm(_ _)m

投稿: m_tomei0208 | 2006年10月29日 (日) 12:38

tomeiさん、お返事有難うございます。
お見受けしたところ、私と全く同じ手順で接続設定していらっしゃったようですね。
ただ違うところといえば、tomeiさんのブログの識別部分(=トップページのURLの最後の部分)にはアルファベットだけでなく記号(アンダースコア)も使われているのに、私の実験ブログの識別部分にはアルファベットしか使われていないことぐらいでしょうか。
何度パスワードを再発行させてもいっこうに事態が変わらないところを見ると、ひょっとするとユーザーIDとして使われる識別部分がアルファベットばかりというのが嫌われているのかもしれないという気がしてきました。この識別部分は一度決めたら変更できないので、一度実験ブログを取りつぶしてアルファベットと数字の入った新しい識別部分を指定して作り直してから接続テストをやり直すことを考えた方がいいのかも知れませんね。

でもそれにしても、So-netのユーザーサポートスタッフは、投稿ツールで記事が書けますとユーザー向けの使い方情報コーナーに書いている以上、推奨の投稿ツールも書いておくぐらいのことはやってくれてもいいだろうとおもうのですけれど。

投稿: nao | 2006年10月29日 (日) 23:53

自己レスです。So-netブログのQ&Aコーナーの「退会に失敗します」という項の説明に次のように書いてあるのを見つけました。
> 正しく入力していても認証に失敗する場合は、ユーザーIDやパスワードの
> 最後に半角の空白や改行が入力されていることがありますのでご注意ください。
>
そこで一旦アカウントマネージャーからSo-netブログを削除し、この点に気をつけて接続設定をやり直してみました。ユーザー欄の入力がすんだあと、そのままTabキーで次のパスワード欄に移動し、この欄の入力がすんだあとはさっさとポインタの矢印を「次へ」に持っていくようにしたのですが、結果は全然変わりませんでした。

念のためSo-netブログ内限定でブログ投稿ツールの名前(ectoとBlogWrite)をキーワードにして検索をかけたところ、どちらも使っている人がいることがわかりました。どこのブログもURLの最後はアルファベットばかりですので、べつに記号や数字をおりまぜないと認証システムに嫌われるというわけでもなさそうです。

まさかプロバイダー契約をしていないこんてんつ会員だと投稿ツールでの接続ができないというわけでもないでしょうが(niftyでいえば、ココログはツールで管理できるけれどココログフリーはだめというようなもの)。かくなる上は一旦ectoを削除して再インストールし、もう一度LivedoorとSo-netだけについて接続設定をやり直してみるしかなさそう。

投稿: nao | 2006年10月30日 (月) 21:18

結局クレジットカード登録をしてもSo-netブログに書けるようにはなりませんでした。ectoでもFeedpathでもだめです。
BlogWriteで書いている人もいるし、Feedpathで書いている人もいるのに、いったい何が違うのでしょうか?

投稿: nao | 2006年11月11日 (土) 22:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Mac版ブログ投稿ツールとAtom API:

» 各社ブログでの Atom API の違い [観測気球]
Atom API の方言が多い件について、コメントしてみます。 [続きを読む]

受信: 2006年10月28日 (土) 22:39

« Intel Mac用ecto2.4.1でブログ人 | トップページ | MacJournal4.0.5でココログ »