« Netscpe 7 (OS X, リッチテキスト) | トップページ | はじめからリンク入りの記事(INCUBE) »

2005年12月23日 (金)

後からリンクを挿入

ここまでのテスト結果から、Macでココログを使うとき、記事作成は事実上プレーンテキストモードでしかできないことがわかりました。(リッチテキストモードが使えるのはOS X上でFireFoxを使った場合だけらしい)

プレーンテキストモードだと
!)文字の形、色、大きさが変えられない
2)記事に書き込んだURLがただの文字列として扱われ、リンクとして機能しない
という不利があります。私にとって1は取るに足りませんが、2はココログの情報源としての便利さを半減させる大問題です。
そこで、internet Explorer 5.1.7で「記事の編集」画面を開き、「INCUBEでココログ管理」記事に書き込んだURLにあとからリンクを追加する実験をやってみました。

編集前はただの2行の文字列だった部分です。
「MacでNiftyWebForum自動巡回」
http://homepage2.nifty.com/naoweb/index.htm  
ここをまず次のように書き換えました。
URLの前に「<a href="」を追加
URLの後に「"> </a>」を追加
最後に「>」と「<」の間にURLのタイトルの文字列「MacでNiftyWebForum自動巡回」を移動してきて完成です。
(この記事は最初INCUBEでオフライン作成して送信しましたが、ブラウザーで表示させるとHTMLの文字列が消されてしまって読めなくなっていたので、記事編集画面にココログヘルプの「コメントでHTMLタグを使えるようにするには?」 のページのソーステキストを呼び出し、必要部分をコピー&ペーストし直して再投稿したものです。
この記事をINCUBEで読みとると、肝腎のHTMLタグの文字列のところだけが自動消去されて読めませんが、WWWブラウザーで読み直せばちゃんと見えます。WWWブラウザーに表示された本文の下の「固定リンク」という文字をクリックしてこの記事一件だけを画面に表示させ、プリントアウトすればマニュアルとしてご利用いただけます)

|

« Netscpe 7 (OS X, リッチテキスト) | トップページ | はじめからリンク入りの記事(INCUBE) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 後からリンクを挿入:

« Netscpe 7 (OS X, リッチテキスト) | トップページ | はじめからリンク入りの記事(INCUBE) »