« INCUBEで再実験 | トップページ | 最初の記事の投稿 »

2005年12月19日 (月)

INCUBEでココログ管理

Mac用の掲示板巡回ソフトINCUBEと同梱のココログ用プラグイン(RSS_ココログ.rbs)を使うと、ココログの管理(自分のココログへの記事投稿&コメント投稿)ができることがわかりました。(確実にできるのは一応文字だけの記事で、画像つきの記事はこれからやってみないとわかりませんが、やってみる前は全くできないかもしれないと思っていましたから現状でも大収穫)

接続条件設定は下記の通り、プラグインの説明ファイル(RSS_ココログ.txt)の指定通りです。
(ココログアカウントとパスワードの登録、ココログの開設、名前とURLの設定までの段階は、あらかじめWWWブラウザーですませておきます)

新規BBS画面での設定項目
BBSタイトル:ココログの名前
保存フォルダID:適当でかまいません(できたら半角英数字だけで)
読みURL:http://〜/index.rdf
(ココログURLの終わりに"/index.rdf"をつけたもの)
ポインタ:DATE
Plugin:RSS_ココログ.rbs
巡回指定:ON

OKボタンを押してBBSリストに戻り、追加されたココログの名前を選んで「設定」ボタンを押してさらに詳細な設定を追加します。

BBS設定画面での追加設定項目
「一般」の項
書きURL:http://app.cocolog-nifty.com/t/api
(ココログの登録確認メールに書いてあるココログのログインページのURLとは違いますが、この通りでないと書き込めません)
文字コード:UTF8
未読ポインタで読み込み中止:一応ON
「投稿」の項
名前:ココログで使うハンドル名
USER:ココログアカウント
PASS:ココログパスワード
パラメータ1:blogid
(6桁の数字で、ココログのソーステキストから読み取ります。読みURLの設定がすんでいれば、画面上部の「ブラウザ」ボタンを使ってブラウザーでココログを再読み込みさせ、ソース表示に切り替えて探すことができます。どんなところに書いてあるかはRSS_ココログ.txtの説明をご覧ください)

設定がすんだらOKボタンを押してBBSリスト画面に戻ります。

記事作成には投稿ボタン、コメント作成には記事リストからコメントしたい発言を選んでから返信ボタンを押します。開いたウィンドウにタイトルと本文を入力したら、保存ボタンで保存します。保存した記事・コメントは掲示板一覧の「保存」というところにまとめて保存されていますから、タイトル一覧から送信したい記事を一つ選んでダブルクリックして画面上に呼び出し、オンライン状態で送信ボタンを押して投稿します。

INCUBEを始めてお使いになる方は、下記の導入ガイドをご覧いただき、「INCUBE編基礎1」のページに従ってソフトの入手とインストールを完了してから上の接続設定を実行して下さい。
「MacでNiftyWebForum自動巡回」

|

« INCUBEで再実験 | トップページ | 最初の記事の投稿 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: INCUBEでココログ管理:

« INCUBEで再実験 | トップページ | 最初の記事の投稿 »